アンバランスな目が一番辛い。

私は学生時代、左目が二重で右目が一重というアンバランスな目をしていました。

どうせなら、両方二重か一重だったらいいのにと思うくらいアンバランスでだったので、中学生頃までは前髪で目を隠すようにしていました。

そのせいで、先生からの印象も悪かったり、暗い人間だと思われてからかわれたこともあり、本当に辛かったです。

ただ中学卒業間際、アイプチが流行りはじめたことで、私のアンバランスな目にも希望が持てました!

早速アイプチを購入して、一重の方だけ試してみることにしました。

最初は上手くアイプチできず、白目剥いたり「アイプチしてます!」感が出てしまって不自然過ぎましたが、慣れてくると両目のバランスがとれるようになり前髪で目を隠すこともなくなりました。

ですが、当時のアイプチはあまり質が良くなかったので、時間が経ったらアイプチを直しにトイレに駆け込んだり、汗でアイプチが取れかかった目に気づかず周りから笑われたことも。

そうしたことから、本格的な二重整形に興味を持ちました。

学生だったので、整形には金銭的にも精神的にもかなり抵抗があり、「失敗したらどうしよう」という不安や恐怖が拭えず、学生時代は整形は我慢しようと決めました。

高校からはアイプチしている子も多く、アイプチ情報交換したりしてツケマをアイプチ代わりにしたり、アイメイクを濃くしてアイプチの不自然感をなくしたり友達と楽しく試行錯誤していました。

アイプチを毎日していたおかげで自然と一重だった右目も、アイプチをしなくても二重になりました。

ごくたまに、一重に戻ることもあるのでアイプチは手放せませんが、学生時代から毎日アイプチをしていただけでも二重になることがあるんだ、と今でも驚きです。

友人の中には二重整形した子もいましたが、簡単な整形だったため2年に1回くらいのペースで整形し直さなきゃいけないとか。

もう一人はがっつり整形したので、彼女の綺麗な二重には正直憧れます。

アイプチにかかった金額と整形代は同じくらいじゃないか?と思うくらい、アイプチにはつぎ込みましたが、アンバランスな目のままで学生時代を過ごすよりは断然マシでした。